超速中国語とTECCの組み合わせが就職や転職に有利なワケ


これから就職や転職を考えている方は超速中国語を使ってTECCを受けるならば有利に働く(中国語を評価基準に入れている企業)と言えるでしょう。なぜなら現段階における自分の中国語の実力を数字で表すことができるからです。

TECCというのは中国語のコミュニケーション能力を図る試験で1,000点満点でスコアをつけるため、企業に対して具体的にPRすることができます。

TECCを受ける受験生の構成も職業別で「大学生・会社員」約7割、「20~30代」が同じく約7割を占めており、就職や転職を意識しての受験生が多いことをうかがわせます。

また企業の現場で主に求められる中国語スキルはコミュニケーション能力です。それでTECCの点数が会社の評価基準として採用されているのも理解できるでしょう。

一方、中国語検定だと『合格したか』が重要な要素となります。準4級から1級までありますが、各級における実力を評価付ける幅はTECCと比べるとかなり大ざっぱです。

TECC635点と中検3級合格では伝わる具体性が違う

その上試験に合格しないと就職の際は履歴に残せません。「中国語検定3級を受験したことがあります」と書いても合格しなければ評価は与えられないからです。

もし、就職やキャリアアップを目指すのであればTECCを受けるのが賢明です。

特に超速中国語を使うのをおすすめする別の理由は、TECCと超速中国語がタイアップをしている点です。(執筆時点)

実際に超速中国語とTECCには共通点があり、超速中国語はコミュニケーション能力をトレーニングするために開発されているので、TECCの試験とも相性が良いのです。

具体的には超速中国語を使うことでリスニングの能力や会話における瞬発力、発音などといったTECC試験の点数に直接関わる部分を鍛えられるからです。

それで、今後就職を考えている方や社内でのキャリアアップ、または転職を検討されている方は今から超速中国語を使ってTECCの試験を目標にされることをおすすめします!

このページの先頭へ