超速中国語と中国語教室を比較してみた


超速中国語vs中国語教室と言うとおおげさになりますが、海外留学経験者の管理人がそれぞれの学習効率を比較してみたいと思います。

目標は中国語検定3級

毎週一回の頻度で中国語教室に通って検定を受けるとすると、おおまかな目安として1年間は必要になります。年末などの休暇を除いて50週通うとします。

予習復習の独学の時間を含めて200~300時間学習に費やすことになるでしょう。中国語教室の場合は全体のカリキュラムが組まれているので学習期間を短縮させるのは難しいでしょう。

なぜなら複数人で学ぶので平均的な部分を学習のスピードとして採用しているからです。

一般的な教室(3~5人で学ぶタイプ)の教室で費用を計算してみると、入会金(教室による)10,000円程度、授業料1時間1,500円(安く設定しています)×50週=75,000円、合計すると85,000円になります。

教室に通う人にとって大体このくらいが相場だと思ってよいでしょう。

1年ほどの比較的長い学習期間を経るので中国語に慣れるという意味においては有利といえるでしょう。ただし、授業で学ぶ内容を予習復習するのが大前提です。それであれば独学で学んでもさほど変わらないかと思います。

不確定要素としては教師の質です。中国人の教師は若干当たり外れがあります。地域で評判の良い教師であれば安全牌ですが、中国人だからという理由だけで適当に雇っているような教室は止めておいたほうが良いです。

相性が悪いと学習が進まないだけでなく、中国人に対する悪感情を抱いたり学習そのものを諦めてしまうかもしれません。

他にも教室に通うための距離的な制約というのがあります。行き帰りにかかる時間や費用などを考えると教室に通うのはさほど賢明ではないことに気づいている人も少なくありません。

ちょっとネガティブな事を書き連ねてしまいましたが、要はきちんとした中国語教室を探して通うのにはハードルも高いし費用も時間もかかるということです。

超速中国語はどうなのか?

超速中国語はネット回線があれば自宅のパソコンでも会社の行き帰りの電車でもスマートフォンなどを使って自由に学ぶことができます。

そのうえ学習過程は全40課に及び、学習の時間の目安は180時間で中国語検定3級の内容に相当します。個人的におすすめするのが1日1時間×180日、半年間の学習です。

超速中国語を半年使うとなると、かかる費用合計は35,860円で済みます。そのうえeラーニングなので他人に学習ペースを乱されることなく思う存分自分の予定で学習を進めることができます。

まとめてみると、下記の点で超速中国語の方が教室よりも効果が高いと言えます。

・費用
・学習ペース
・学習時間を効率よく使う

短期間で、なおかつ本気で中国語を学びたい人は超速中国語をおすすめします。

このページの先頭へ