超速中国語の講座形式を紹介


超速中国語では主にどのような形式で中国語を学べるのでしょうか。

DEMOサイトからもかなりの情報を得られましたので詳しく解説したいと思います。
(以下はDEMOサイトの画像です)

学習内容選択場面

こちらはメニュー画面です。

1.中国語ビデオ講座

各課のトレーニングへ入る前に動画で要点を学びます。テキストを見るよりも音声と画面で見たほうが視覚と聴覚を通じて学べるので頭に入りやすいです。

各課で学ぶ箇所の要点なので、まずはしっかりと覚えてからトレーニングを始めましょう。

2.超速徹底トレーニングシステム

ここが超速中国語の肝の部分です。練習モードと試験モードの2種類に分かれており、中国語を徹底的に叩きこむことができます。

各問題形式

こちらは練習モードです。

単語・文型・全文入力・リスニングと分かれており、ひたすら繰り返すことで体で中国語を身に付けられます。各問題形式にはそれぞれ意味があるので、継続して学んでゆくとバランス良く中国語の能力が高まります。

3.実践会話講座

実践会話講座では2番のトレーニングシステムで学んだ内容を絡めた復習です。会話形式で進んでゆくのでどのような場面で用いることができるのか学べるようになっています。

最初は聞き取れないかもしれませんが、段々慣れてくると中国人同士の会話が聞き取れるようになって楽しくなってきます。

このページの先頭へ